yamochi ico 矢持 秀起      → 個人のページへ      論文リストへ
略歴
1984    大阪大学 大学院理学研究科博士課程後期課程 単位修得退学
1984    学位取得 (大阪大学理学博士)
1984-1990 東京大学 物性研究所 助手
    この間1988-1989米国 カリフォルニア州立大学 Santa Barbara校 博士研究員
1990-1995 京都大学 理学部 助手
1995    組織替に伴い、京都大学 大学院理学研究科 助手
1995-2004 京都大学 大学院理学研究科 助教授
2004-2016 京都大学 低温物質科学研究センター 教授
2016-   学内改組に伴い、京都大学 大学院理学研究科 教授
 分子性材料分科は、2002年に設立された低温物質科学研究センターの分子性材料開拓・解析研究部門としてスタートしました。原 公彦 先生の後任として、私は2004年4月に着任しました。当時のセンターは独自の研究スペースを持たず、所属教員のほとんどは出身部局(研究室)に間借りをして研究・教育活動を行っていましたが、2008年4月総合研究5号館に独自の研究スペースを得ました。化学合成を行うための局所排気設備(ドラフト)を持つ実験室を作り、同年度の末、本格的にこの建物への移動を開始しました。以来、現在の場所で理学研究科化学専攻の協力講座として教育研究を行って来ました。
 2016年4月の学内改組に伴い、分子性材料グループは理学研究科 化学専攻・化学科(化学教室)内の研究室となりました。建物は化学教室の本拠地である北部キャンパス理学6号館からは今出川通を隔てた位置にありますが、大塚 先生や中野 先生と共に物質合成と構造・基礎物性の検討を主とした、分子性物質の基礎科学を研究しています。

ico 分子性材料分科 トップページへ