理学研究科化学専攻 物性化学講座
bent.jpg 分子性材料分科
                                                                                                   /English Page Here/

top member results address link

top
かつての口絵 → ここをクリック

bent 分子性材料分科での研究          2回生向け研究説明スライド(動画) → wmv形式, avi形式
edo 概要
 固体、および、液体は、その中で構成成分間の相互作用が有効に働き、孤立原子・分子とは異なる凝縮系に特有な性質を示します。分子を構成成分とする凝縮系は、分子自身の持つ内部自由度と分子間相互作用の組合せにより、多様な構造と物性を発現する事が出来ます。これら自由度の大きな、有機分子や配位化合物等、分子を単位とする凝縮系を研究対象として、導電性や磁性等を示す新規物質を開拓します。それらの構造と物性を研究し、さらなる機能性物質開拓のための指針を得ます。具体的には、導電性を持つ電荷移動錯体を主たる研究対象として、成分分子の合成から、構造解析、基本物性の測定まで総合的な研究を行っています。これにより、超伝導転移や金属―絶縁体転移等、固体内の自由電子(遍歴電子)に基づく転移現象が発現する物質を開拓します。転移現象を理解するに当たって、構成成分間の相互作用だけではなく、分子内での電荷分布や分子自身の形状等、分子内自由度にも着目した解析を行い、分子が凝縮系物性をどの様に支配しているかの本質を探ります。特に、遍歴電子、或いは、これに近い状態の電子が、温度、磁場、圧力、光等の外場に対して敏感に応答する分子性物質の開拓を試みます。これらの研究によって、応答過程の非平衡状態を研究する、新たな物性科学の分野の発展を図ろうとしています。
研究のスタイル
 物質開拓を主な課題としています。有機化学の手法で自ら化合物を合成し、多くの場合、さらにそれらの電荷移動錯体を作製します。結晶構造解析と、導電性、分光学的性質(紫外・可視、赤外スペクトル)、磁性等の基本的な物性を測定し、成分分子や錯体の本質を見極めることを試みます。必要に応じて、学内外の研究グループと協力し合い、特化した測定実験等を行います。
top

bent 分子性材料研究室の構成員 [2017年度]
教授 矢持 秀起
准教授 大塚 晃弘
助教 中野 義明
yamochi
otsuka
nakano
yamochi@
4069
[総合研究5号館410室]
自己紹介(pdf)   個人ページへ
otsuka@
4062 (液化棟 4055)
[総合研究5号館403室]
自己紹介(pdf)
nakano@
4061
[総合研究5号館310室]
自己紹介(pdf)
博士研究員 石川 学 m-ishikawa@ 4061
事務補佐員 柄谷 奈緒美 naomi@ 4062
修士 2回生 村上 賢太朗 murakami.k@mms. 4062
修士 1回生 石田 耕大 k.ishida@mms. 4062
学部 4回生 福島 太陽 h2s@mms. 4062
学部 4回生 平原 誉士 hirahara.takashi@mms. 4062
e-mailは上記の"@"または"@mms."の後ろに'kuchem.kyoto-u.ac.jp'を、電話番号は上記4桁の数字の前に(075)753-をつけて下さい。
かつての在籍者はこちら

top

bent 研究成果概要
(EDO-TTF)2PF6の光誘起相転移に伴う構造変化を0.4 ピコ秒の時間分解能で測定
         ("分子自由度が拓く新物質科学"での成果紹介): 概要紹介はここをクリック
高分子膜に組込んだ分子性導体の湿度依存挙動
         − (BEDO-TTF)2Br(H2O)3の連続、及び、不連続な結晶水の脱離と再吸収
         ("分子自由度が拓く新物質科学"での成果紹介): 概要紹介はここをクリック
混晶[(EDO-TTF)1-x(MeEDO-TTF)x]2PF6における多重不安定性の選択的消失
         ("分子自由度が拓く新物質科学"での成果紹介): 概要紹介はここをクリック
フリーアクセスの電子図書に(EDO-TTF)2PF6とその後続研究をまとめた総説が掲載されました
         H. Yamochi, S. Koshihara, Sci. Technol. Adv. Mater., 10, 024305 (2009) → ここをクリック
研究の概要とその背景についての講演スライド
         (2009年3月13日 低温物質科学研究センター第7回講演会・研究交流会)
         PowerPoint2003形式: (17,199,616 バイト)
         図の重なりを外しpdf化したファイル: (4,743,520 バイト)
(EDO-TTF)2XF6の金属-絶縁体転移に対する陰イオンの効果: 概要紹介はここをクリック
(EDO-TTF)2XF6の金属-絶縁体転移に対する同位体効果: 概要紹介はここをクリック
MeEDO-TTFの積層様式からの錯体の電子状態の予測: 概要紹介はここをクリック
半導体-半導体転移を示す電荷秩序物質 (MeEDO-TTF)2PF6: 概要紹介はここをクリック
EDO-TTFに導入したメチル基の効果: 概要紹介はここをクリック
もう少し以前のお話 ・・・ 矢持個人ページへ
top

bent 所在地
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学
         理学研究科 化学専攻 分子性材料分科
研究室は、総合研究5号館の3階, 4階で研究しています。

map_local
         上の図をクリックすると、もう少し広範囲の地図が見えます
         京都大学吉田キャンパス 本部構内の地図はこちら → ここをクリック
         周辺を含めた地図で見るとこちら → ここをクリック
top

bent リンク
☆ 平成11年度(1999年度) 基盤研究(C)企画調査 成果報告書
         gs '分子性合成金属・超伝導体の化学と物理'
         (だいぶ昔のデータブックですが、捨てがたい内容ですので、このサイトで保存・公開しています)
☆ 京都大学 LTMセンター (環境安全保健機構 低温物質管理部門)
    logo LTMセンター
         logo 共同利用機器案内
                  favicon.ico 共同利用 走査電子顕微鏡仕様等
☆ 京都大学
    gs 理学研究科 化学教室
☆ 学会等
    molsci 分子科学会
    csj.gif 日本化学会
    chemeq_network.jpg 大学連携研究設備ネットワーク (旧 化学系研究設備有効活用ネットワーク)
    iscom2009.jpg ISCOM2009 (会議自体は終了しています)
         (The 8th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets)
top











































top